岸くんを推す営業のひとりごと

King & Princeの岸くんを強化応援&考察するブログ

King & Prince 『Made in』ツアー(7/31静岡昼公演)ライブレポ【前半】

『Made in』の現場に入れることがわかったのはちょうどお昼休みの時間で、私はオフィスビルのロビーで声をあげて飛び上がった。

前回のドームツアー『Mr.』からほぼ間髪入れず始まった今回のアリーナツアー。こんな短いスパーーーンで現場に入れるとは。私幸運すぎんか。一緒に行ってくれた先輩には感謝感謝感謝多謝です。

ということで今年2回目の現場に行ってきました!

私が入った公演と席はこんな感じ。

会場を真右の上から見下ろすような席。後ろから2列目なのでファンサもらうのはほぼ不可能。

でも前回のドームと違って、エコパアリーナはとにかく狭い!!!!ダンスが肉眼で楽しめる!!表情は見えなくとも岸くんの動きのクセまでちゃんと見える!!!!

アンコールにメンバーがスタトロで回ってきたときが今までで一番近くて、表情まで見えて感動した。そこにおりますやん…!てなった(そりゃおるんやけども)。みんな輝いててまぶしくて顔が豆粒やったことをここに報告します。

今回のアルバム『Made in』はMade in Japan、Made in Johnny's、Made in King & Princeまで幅広い意味を込めてつけたタイトルだけど、"和"は間違いなくひとつのテーマ。

個人的には、ライブの方がより”和”が押し出されているなあと感じた。そしてとにかく演出が凝ってた!アッと驚く仕掛けが沢山あって、またこれまでのツアーと違う新鮮味があったのが凄い。

いやぁ、これ考えるの大変だっただろうな…しかもドームツアーから立て続けなんて、私だったらすでにアイデア尽きてそう。練りに練った努力の跡を感じたし、それが本当に素晴らしくて涙ちょちょぎれた。そんなライブ最初から最後までもれなくレポートさせていただきます。

※ここからはネタバレ注意※

開幕の瞬間にドオォォォォン!!!!!と割れんばかりの和太鼓の音が鳴り響き、びっくりして飛び上がってもた。笛の音とともに巨大な満月の映像が映し出される。一気に世界観に引き込まれる瞬間。

そしてステージから登場したのは真っ赤な衣装の5人!!!!!!うっわやられました。一発目はアルバム代表曲のichibanでした。鳥肌。

ichiban / Beating Hearts / YOU, WANTED

そうかなとは思ってたけどやっぱりichibanやったな!オープニングカッコ良すぎるやろ!!!!!!!今までのツアーは全てキラキラ王子のオープニングやったからむしろ今回がめちゃくちゃ新鮮で、死ぬほどカッコよかったです。

そして私は岸くんの前髪に歓喜。前髪ある!!!カッコいい!!可愛いい!!カッコいいいい!!!!感情が忙しい!!!赤い衣装も着物風でカッコ良かったのに感情高ぶりすぎてよく覚えてないの、心から後悔してる。

死ぬほど再生したichibanの振りを肉眼で見れる喜びよ。大好きな岸くんの動きが全部見えた。次のBeating Heartsも岸くんのダンスが大好物なんだよ。我を忘れて凝視してたら体感30秒くらいで終わってもうた。そしたら次のイントロ・・・

YOU, WANTEDだと…?!?!?再び歓喜する私。

YOU,WANTEDはカッコいい系の曲のなかでかなり上位に入るくらい好きで、ドームで聴けなかったからめちゃくちゃ嬉しかった!!しかも赤い衣装で歌ってるのが1stコンを彷彿とさせる。「Can you feel me?」の岸くんはオスすぎて無事死亡した。

途中で大量の赤い紙吹雪が天井から落ちてきてびっくり。紙吹雪が積もってる床で踊るから、キンプリちゃんが滑らないか心配しちゃったけど、岸くんが紙吹雪を蹴りあげててその様子がブッ刺さりました。これですよ↓

ここでいったんオープニング映像に。キンプリの5人が空飛ぶ汽車に乗って出発する。前回のツアー衣装だったピンクと黒の千鳥格子の衣装を着ているから、前回との繋がりを意識してる?

映像が終わると、白地に黒いピンストライプのスーツを着たキンプリちゃんが登場。生地は一緒だけど少しずつデザインが違う。岸くんはちょっと大きめのカチッとしたジャケット。

A Little Happiness / My Fair Lady / Focus / 君は、綺麗だ。

A Little Happiness来た!!!センターステージと花道で一列に並んでスタンドマイクで歌うのが、衣装とも合ってて良き。こうやって見ると衣装も相まってちょっとブロードウェイ感。その後はバックステージでMy Fair Lady。

これほんま…

また岸くんの伝説的歌い出し激ウマ曲ができちゃったよね……命名がアホっぽい)

今回も生歌が凌駕してきたよ。いや最初からずっと凌駕してるんやけども。もはや暴力的ともいえるほど上手かった。ナンダコレ。

音源の「送るよMy love」の力の抜き方といいますか、岸くんの切なげなフェードアウトが死ぬほど好きなんだがもうそれも見事でして。私一回溶けてなくなりました。

そしてFocus。これはvenue101のファン投票でも選ばれてたから、絶対セトリに入ると思ってた!!やっぱり良い曲だ。歌詞にリアルさを追求した紫耀くんのこだわりが詰まってる。落としサビのきしひらが好きだーーーー胸が熱くなる。

Focus歌いながらセンターステージを移動。次にきたのが、君は綺麗だ。!!!人気あったのにずっとセトリ落ちしてた曲。この曲は私の怠慢で(?)実はまだ通常盤買ってないから音源持ってないんだよなぁ…買わなきゃ。

でも聞いて思った。これはセトリに入れて大正解やわ。曲の魔性?アブナい?雰囲気が、みんなの色気を引き出してる!!!照明が青や紫で、センターステージでお互い密接に踊るのもなんか色気がやべえ!!!表情も色気がやべえ!!!

スクリーンに映る岸くんを見てヒィィィってなった。

紫耀くんはなんでこれが人気かわからないって言ってたけど(笑)、セトリに入れてくれてありがとう。通常盤買います(セトリに入るとこういう効果もある)

ゴールデンアワー / 恋降る月夜に君想ふ / Love Paradox 

ガラッと変わってゴールデンアワー。これはほんまにセトリ落ちせん。ファンサ曲としてアリトロに乗ってた気がする!(記憶が朧げ)そのあとの恋降る月夜、ラブパラもファンサタイムでした。確かこのあたりのどっかで5人がジャケットを脱ぎ捨ててたんだよね。中に着てるワイシャツはみんな違う色。岸くんはシンプルに白いシャツで、雰囲気がジャニフェスのマジタの時みたいなゆとりある感じだった気が(つまり大好き)。

ラブパラのC&Rは岸くん。メンステの上手の方に来てくれたんだけど「右パラパラ!」「左パラパラ!」「上パラパラ!」と言われて、戸惑う我々。これが後で波紋を呼ぶことに…(ちなみに言い訳すると、2巡目あたりからはちゃんとパラパラしたんやで!右手にうちわ左手にペンライト持ってるままでやれないから時間かかったのよ。許して岸くん笑)

Last Train / 踊るように人生を。/ Lovin'you

続いて!!!!私の大好きな大好きなLast Trainキターーー!!キンプリはメンステ上手に集まり、ぎゅっと並んで歌う。あの少し気怠げなグルーヴに、自由にノる5人。

めちゃくちゃカッコいい…!!!!!!!!

「移り移り変わる車窓」のパートって岸くん1オクターブ高くユニゾンしてたのね。音源では聞こえなかったけどライブでめっちゃ聞こえた(高すぎてビビる)。

5人は歌いながら階段を登り、スクリーンが目の前にある上段のステージに移動。そこには4脚セットの駅のイスが2つ置いてある。駅のホームに見立てて、スクリーンに電車が到着する映像が流れる仕掛け。

椅子に座ったり背もたれに腰掛けたり、思い思いに動きながら曲にのる5人が、Last Trainの世界観に合っててめっっっちゃ良かった!!!!私の大好きな曲の世界観をいつも忠実に表現してくれるキンプリちゃんは天才です!!!!

曲が終わると突き抜けるような神くんのソロが!!!

踊るように人生を。やないかーーーー!!!!

アルバムの曲順と同じなのが天才。やっぱりこの二曲は二つで一つなんだよ。Last Trainで歌いあげる、憂いあるグレーな日常に「流れるように身を任せてステップを踏んで」と、一筋の光のような神くんの歌声が差し込む、この流れであるべきなんだよ!!

歌いながら再び階段を降りていく5人。メンステで一列に並んで踊る。私が好きな岸くんのダンスだ。指先まで美しい手足の動きは何回見ても飽きん。踊るように人生を。の岸くんの動きは本当に綺麗で好きです。

そしてLovin' you来ました。この曲はただの恋。やっぱり大好き。曲の後半はカメラマンがメンステに上がってきて、5人が順番にアップで映る演出が!!この時はさすがにスクリーンも凝視しちゃった。わちゃわちゃしてて可愛いすぎた。来世はこのカメラマンになりたい。

MC / TraceTrace

MCは情報量多すぎるので、私の心の声とともに箇条書きメモします。

・神くんが「紳士ですからわたくちたちは」と急に言い出す。紳士ver.の挨拶をするも「せーの!King & Princeでぇぇ〜〜す」ぐだぐだwww神くんはこのとき迷走してたらしい。

・キンプリでエコパアリーナ公演は初。「ほんと失礼なこと言うんだけど静岡って…」と言い始めた神くんを必死で止める4人。

・静岡ご当地グルメでお茶しか知らなかった神くん。

・ケータリングで食べたのは浜松餃子、うなぎ、しらす、もつカレー。紫耀くん「あとは茶畑でしょー?」(茶畑は食べ物ではない)

・静岡が金魚みたいな形をしている話。海ちゃん「誇りだよね。自分の住んでるところを形で覚えられるの」

・神くんはチーバくん推し(流石)。紫耀くん「あれって犬なの?!」

・小学生のとき千葉のキャラクター募集でリーゼントのピーナッツのキャラクターを応募した神くん。でも選ばれなくて残念。そのエピソードにより、ちーばくんが誕生したのが意外と最近なことを知って盛り上がる5人(静岡でめっちゃチーバくんの話するやん!!)

・静岡のキャラクターっている?とティアラに聞く紫耀くん。まるを描くジェスチャーちびまる子ちゃんに辿り着く。

・岸くん「まる子ちゃんて出身静岡だよ!お世話になってますわ〜」wwwww会場の笑いも気にせず話し続ける岸くん好き。

・浴衣のティアラが多い話に。聞かれて「好きですよ、でもさ」とサラッと流す岸くんw

・夏でノースリーブの人が多いからか、煽っても手を上げてくれないことに不服な岸くんwww「ワキ見せるの恥ずかしいのかな?」(そうじゃない)

・岸くんの右パラパラ左パラパラをみんなが全然やってくれなかった問題。岸くん「恥ずかしいのはわかる。でもいいじゃないですか!夏は!!」(そうじゃないのよ)

・昨日の夜の話に。岸くん「みんな…どうしてた?」(上目遣いぽい言い方ギャンカワ)

・きしかいはサウナに行ったらしい。岸くん「行けたんですよぉ〜ほぉ〜」めっちゃ嬉しそう

・他のお客さんはたまたまいなくて貸切状態だったらしい。岸くん「貸切じゃないすよ!!申し訳ないけど俺らにまだそんな力はない」wwww

・海ちゃんに整い方を教えてもらった岸くん。水風呂で頭を段差に置いてかかとだけ床につけて背筋を伸ばしたまま、腕の力を抜くらしい(多分)。

・海ちゃん「空に浮いてるみたい」岸くん「時空が歪むんですよ!!!!!」二人が盛り上がりすぎて置いてけぼりになる3人と会場。

・海ちゃん「今まで"整う"の真意を突けてなかった」4人「シン??????」(これ海ちゃんが真意と言ってたのか芯と言ってたのかわからず)

・廉くんの昨日の過ごし方「寝た」

・きしかいれんが着替えのため退場。じぐひら昨日は真面目にライブの動画を見返していたらしい。

・神くん「なんて言ったりしてますけども〜!」急に漫才始まる。

・今日のティアラのメイクはきっと気合い入ってるよね?という話。神くん「ウォータープルーフとか使っちゃったりなんかして!」

・今日服を新調してきた人に手をあげてもらう。神くん「可愛いじゃんっ」紫耀くん「良いなぁ」(私も新調してきたぞ)

・海ちゃんが着替えから戻ってきてひとりMCに。この下りドームでもあった!

・オスティアラがちらほらいる話。男性が来てくれるのは嬉しいらしい。海ちゃん「いやもちろんティアラも…メ、メスティアラ?!」wwww(戸惑う海ちゃんが可愛すぎて保護)

・着替え終わって背後から静かに寄る岸くんとそれにびっくりする海ちゃんwww良ききしかいが大量発生な今日。

・初生キンプリの人がどれくらいいるのか聞くきしかい。嘘ついてると思ったきしかいが再確認したらどうやら本当らしい。岸くん「意外とみんなちゃんとしてる」

・岸くん「生で見るとまた俺らクオリティ違うからなー!」海ちゃん「やっぱテレビじゃなくて雑誌じゃなくて生で見てほしい!」岸くん「たまにリタッチとか入れられるけど」

ふいにシビア岸くん出てくるのほんまwwwwwww(リタッチないほうが私は好きです出版社と事務所に届けこの思い)

・一日中雑誌の撮影してると後半はヤンキーみたいな顔になってくる岸くん。岸くん「なんていうんだろな…疲労?」(お疲れ様やで)

・廉くんが着替えから戻ってきたと思ったら紫耀くんだったww海ちゃん「四捨五入したら一緒だよね」(どこがや)

・廉くん「おまたっ」(遅いとこがれんれん)

MCがあいかわらずとっ散らかってて笑いすぎてお腹痛かった。

みんなが着替え終わったところで新曲TraceTraceの披露!くすんだ藍色?に白とピンクの大きい花柄のような、着物みたいな衣装が可愛い。TraceTraceはスルメ曲で聴けば聴くほど好きが増すなーと思う。

ラスサビの終わりで岸くんが「僕が今ここ足跡のない場所ーー」「僕が今ここに足跡残していこうーーー」と歌う岸くんの声がぐーんと伸びていくところがめちゃくちゃ好きだ!!!!

歌い終わると、ピンク色の衣装をまとった大量のJr.が呼ばれて登場。こりゃもしや次はあの曲か?!

神くんが「それでは後半戦も楽しんでいきましょう!」と2回言っちゃって恥ずかしがってるの可愛かった。

ここまで約6,000字書きました(正気じゃない)。後半はしばしお待ちを!

f:id:chan_0929soba:20220804210901j:image